FC2ブログ

Reflection of love

2014.09.10 23:06|えりパカの独り言
P8110462.jpg

久々にファームの仕事が出来る今日。

午前中は発送作業と、畑の草取りを。
午後は宣言通り、ヤギさん達のおやつ(木の葉)を採りに山へ。

P8110465.jpg

今回のおやつは、桑とミズキ。
軽トラックの荷台いっぱいに、枝葉を切っては積んでいきます。

この時期はまだまだ山にゴイゲ(蛾の幼虫でものすごく大きな毛虫みたいなやつ。毒があるので刺されると腫れあがって痛い)が出るので、中には入らず、道路にはみ出している枝を切っていきます。
車が通りやすくなるし、一石二鳥。

ま、山の中に入っていくのって、島民の中でもうちの一族くらいなんですが(苦笑)


P9010110.jpg

わざわざ手間暇かけて山から木を切らずとも、広い放牧場なのでもちろんご飯には困りません。
それでも定期的に採ってくるのは、ヤギ達の大好きな木の葉をあげることで人間に馴らす為と、やっぱり美味しいもの・好きなものを食べさせてあげたいから

DSC_0360.jpg

人間に馴れてくれると、近寄っても逃げないし、触らせてくれるようになる。結果、どこか異常があったらすぐ分かるなど、健康管理がしやすくなります。

これが馴致(動物を馴らすこと)が大事とされる一番大きな理由じゃないかと。

P9030121.jpg

畑の野菜たちもそうだけど、毎日ちゃんと近くで見ることで防げる病気は結構あります。
以前の与一くんのように、元気がないと思ったらすぐに手当することも可能だし。


そして、もうひとつの理由「美味しいもの・好きなものを食べさせてあげたいから」
これはもう、そのままです。家族だから、できるだけ快適に、幸せに暮らして欲しい。

DSC_0381.jpg


我が国では時に、大規模農場などにおいては家畜動物の動物福祉はおざなりにされがちな現実があります。
すべてがそうだとは言わないし、思いたくないけれど、利益や効率を追求するあまり、家畜動物そのものへの配慮はほとんど払われない現場を目の当たりにし、どうしても納得できずにその仕事を続けられなかった経験を持つ私としては、動物福祉とは動物と共に生活する農家において、最優先事項だと思っています。

甘いと笑われようと、綺麗事だと罵られようと、そんな理想すら抱けない国ならば、潰れても仕方ない。


・・・ちょっと熱がこもり過ぎました(-_-;)

大学の後、動物飼育を学ぶための専門学校に入学した時、講師の先生から何度も何度も『お前は甘い』と言われ、卒業して7年経った今でも、変わらない気持ちを抱き続けています。これはもう、死ぬまで治らないんじゃないかと。


ただ、そんな私の理想をきちんと実現している人々と、私はフランスで出会うことが出来ました。

P4300915.jpg

そこでは、60頭以上いる牛達にすべて名前をつけ、1頭1頭の個性や性格をきちんと把握して、何よりも動物を優先したやり方で農場を営んでいました。

そしてそれは、そこでは特別なことではなく、当然のことなのです。

ただただ嬉しくて、泣いたことを今でも覚えています。

間違っていなかった。
信じるようにやればいいんだ。

そんな風に、強く背中を押された気がしました。


滞在中、不思議なくらい動物に好かれ、皆が面白がって私の事を“妖精”などと呼んでいた時、友人になった女性がこんなことを話してくれました。

動物たちの心は鏡のようだから、あなたが想う気持ちをそのまま返してくれているんだよ。だから、あなたがみんなに好かれるのは、当然なんだよ。と。

私が好きだと思う気持ちと同じ力で、好いてくれているんだとしたら、それは本当に幸せなことで。
私はやっぱり少し泣いてしまったのでした。

P3290365.jpg

Eripaca
スポンサーサイト



星と神話と甘いお菓子!

2014.09.05 21:06|ファミリー紹介
P7120128.jpg

ブログではお久しぶり!カロンだよ!(ΘωΘ)
最近では、ファミリー紹介の時くらいしか、カロンが登場できなくて不満気味だよ・・・

まあいいや。
気を取り直して、カロンの新しい子供を紹介するよ!!


P9010104.jpg

チェルシー (Chelsea) トカラヤギ♀
2014年9月1日 生まれ
カロンとマリーの間に生まれた初めての子。お母さんが大好きでいつもくっついてる。
名前の由来は、お菓子のCHELSEAから・・・キャンディ一族はお菓子縛りになってるもので・・・。(byえりパカ)




カロンの娘だよ!可愛いでしょ?!
それにしてもえりパカは毎回名付けに苦労している様子・・・。

元々ヤギには星や宇宙に関係する名前を付けていたみたいなんだけど(“カロン”もそこからきているよ!)、そのうちネタ切れになって、キャンディちゃんの血族はお菓子の名前、クシナダさんの血族は日本神話から・・・と、カテゴライズしてるみたい!

ちなみに、ユキやパンダさん一家には、そういう縛りがないよ!適当だなぁ(笑)


P9010098.jpg

ちなみに、今回初のお産を経験したマリーは、キャンディちゃんと前夫の子。キャンディちゃんにそっくりだよね。
名前の由来はやっぱりお菓子のマリービスケットから、らしいよww


P9010102.jpg

生まれたばかりのチェルシーは、とってもぼんやりしてるんだ。
警戒心もないから、えりパカに撫でられても怖がらないし(カロンだって怖くないけどね)、何だかいつも夢見がち。

そして、やっぱり模様がカロンにちっとも似てない・・・(´・ω・`)
カロンの娘たちで、カロンに似てるのはまだフランだけだな~。

DSC_0337.jpg


でもでもみんな可愛いけどね!
カロンはみんなのいいお父さんになれるように、日々修行中だよ!(ΘωΘ)



Karon

秋の到来はビーバーの音と共に

2014.09.02 23:05|How to
DSC_0322.jpg

・・・なんてタイトルを付けつつ、思いっきり夏の写真を貼り付ける女、それがえりパカです。

こんばんわ。植えるのがだいぶ遅かった向日葵、9月になってようやく花開いてきました!同じく植えるのがだいぶ遅かったトウモロコシや枝豆も順調に成長中・・・Windyは今、まさに夏です(笑)


さて、今回のブログのカテゴリは「How to」になっていますが、何のハウツーなのかと言いますと、草刈り機。通称ビーバーです。

ええ、分かっています。日本全国にビーバーのハウツーを知りたがる人がそんなにいないことくらい。たぶん、使う人は普通に知っているであろうし、使わない人はきっとこの先も使わない・・・でも書きます。自分の忘備録の為に。

まあ、もしかして農家に嫁入りした際、『庭の草刈りくらい自分でやってくれよ』などという夫の鼻を明かしてやることが出来るかもしれません。

P5170003.jpg

はい、これが草刈り機。通称ビーバーです。
エンジン部分を背負って作業します。結構重たいです。

長い柄の所にあるスイッチを入れた後、オイルポット(?)横のロープを引っ張ってエンジンをかけます。(えりパカはこのスイッチを入れずに何度もロープを引っ張っては、エンジンがかからず断念という愚行を何度か繰り返しました)

この時、エンジン部分横に付いている、赤いレバーを下げておきます。
これが上がっていると、なかなかエンジンがかからず、うがーっと投げ出したくなります。(なりました)

P5170004.jpg

通常皆さんの知っている(知っている?)ビーバーの刃は金属のものだと思いますが、えりパカは怖いので、このナイロンコード(先っぽからひょろんと出ているやつ)を使っています。
黒い部分がパカッと外れて中に巻きつけるようになっています。使っていると徐々に短くなってくるので、その都度引き出して使いましょう。



真面目にハウツー書きました。だって久々に使ったら、使い方をすっかり忘れていて、自分が苦戦したんだもの・・・orz


P9010082.jpg

この草ボーボーのお庭を・・・

P9010084.jpg

半分刈るだけでも結構体力使います。
ビーバーは、思っていたより全身運動(?)
反動がけっこうすごいので、使い終わった後は左手がプルプル震えて、コップが持てないほど。(何度か水をこぼしました)

P9020116.jpg

そして本日、ようやくこのお庭部分は全て終了。まあ、まだ刈る所が山のようにあるんですが・・・。

この刈った草はしばらく放置して天日で干し、畑の草マルチとして使ったり、冬にボカシ肥を作るための材料にしたりします。何一つ無駄にならない!


そうそう、このお庭は通常通りの地際刈り(地面すれすれで草を刈ること)をしましたが、他の場所では大体10cm~15cmほど高さを残して刈る、高刈りをしています。

というのも、どうも草の生長点は違うらしく、イネ科植物の生長点は株元に、それ以外の植物は通常先っぽにあるそうです。

なので、地際刈りをするとイネ科植物の生長点は傷付かない為、結果的にイネ科植物ばかりが生えてくるという事になります。
グランドカバーとして草を残したい場合は、高刈りをしてあげると、地這性の植物などが生き残って、うまいことイネ科を抑えてくれるようになるというわけです。


私は基本的には雑草も好きなので、出来る限り色んな種類の植物が見られる庭にしたいと考えています。その方が、イマジネーションが働いて、楽しい。


どこにも需要がないような記事になりましたが(笑)、書いてる本人はわりと楽しんでました。増えろ、農業人口!

最後に、本日のベビーちゃんの様子でも。
DSC_0332.jpg

大人しくて、私が近づいても逃げません。
まだまだこの世界に慣れなくて、ぼんやり夢見心地のようす。

は~、子どもは本当に宝ですね~(*´▽`*)


Eripaca
| 2014.09 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

えりパカ&カロン

Author:えりパカ&カロン
Eco Farm Windy代表にして唯一の従業員えりパカと、マスコットキャラであり、ヤギファミリーのビッグダディ・カロン。
人工哺育で育ったカロンは、大人になった今でもえりパカの姿を見つけると尻尾を振って寄ってくる・・・犬のようなヤギさんです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ