FC2ブログ

It's a Small World

2014.07.29 21:15|えりパカの独り言
P7290305.jpg

台風発生の影響か、今日のWindyはその名にふさわしく、終日強い風が吹き抜けていました。
夕焼けは、嵐の前によく見られるピンク色。山際が燃えるようです。

フェイスブックの方で少し報告しましたが、最近Windyのミツバチ3群が全滅するという、悲しい事態が起こってしまいました。原因はいまだ不明のままです。

そしてさらに追い打ちをかけるように、マナ農園で育てているバターナッツカボチャにうどんこ病を発見・・・!orz
(※うどんこ病とは・・・高温乾燥している時に発生しやすく、葉や茎がうっすらと白いウドンコカビ菌で覆われ、光合成を阻害し、生育不良にさせてしまう病気。バラや苺、キュウリ、カボチャ、ブドウなどで多く見られるが、ほとんどすべての植物で発生する可能性がある)

カボチャとうどんこ病は切り離せないくらいポピュラーな病気だけに、心配はしていましたが、やはり・・・藁マルチのタイミングが遅かったのも影響しているのかも。

しかし、がっくりきている場合ではないので、何とか農薬を使わずに対処する方法を考える。

調べたところ、どうも砂糖水+米ぬかが効くらしい!

これはバラのうどんこ病対策などで知る人ぞ知る有機豆知識らしく、何でも葉の上の酵母菌等を活性化させて、病原菌を抑え込む原理みたいです。

米ぬかはボカシ肥にも使えるくらい優秀な有機資材だし、農薬と違って繰り返し使っても安心!
てことで、早速米ぬか15キロを注文し、今日はとりあえず薄めた砂糖水を散布することにしました。

米ぬかが届いたら、その治療(?)の様子も含めてまたご報告します!


P7220285.jpg

ミツバチのことも含め、なかなかうまくいかないことが続いていますが、有機農業の難しさと面白さを改めて感じています。

私自身、農家に生まれ育ったにも関わらず、特にきちんと農業を学んだわけでもなく、実務経験と興味ゆえの独学のみでこのファームを始めたので、ひとつひとつのことをやりながら学び、覚えるというスタンスです。というか、それより他ありません・・・(^Å^;)
ひとつの壁にぶつかる度に、調べ・考えては試し、検証する・・を繰り返していくのです。

誰かが上手に配合してくれた農薬や、化学肥料を使えば、きっとその手間や時間は半分以下で済むでしょう。
でも私のやりたいことはそういうところにはないので、土や植物や微生物のことを知り、虫や病気と戦ったり仲良くしたりしながら、時間をかけて豊かな生態系を築いていくしかないのだと思っています。


そう・・・こんな自然の多い場所で、こんなゆるーい暮らしをしているせいで、虫も好きなんだろうと思われることがたまにあるのですが、私、虫はほとんどが大の苦手です。(>Д<)

正直言うと、可愛いと思えるミツバチでも、顏の近くで飛ばれるとビクッとなります。
毛虫やクモなんて、写真見るのも無理です(;´д`)

なので、勉強や調べ物で害虫の写真とかが出てくると、大体まず一回は逃げ出します。(パソコンとかだと、椅子からひっくり返る勢いで後ずさります)

それでも不思議なもので、植物の目線になって住みやすい環境を考えたりしていると、自然とそれらが「大丈夫」になる瞬間があるのです。
時に“雑草”と呼ばれる草でさえも、青々と茂ってキラキラしているのを見ると、何だか嬉しくなってしまう・・・私が好きなのは、自然の生態系そのものなのかもしれません。
土を耕す微生物がいて、虫がいて、大きな草や小さな花や、光る露を湛えた葉っぱがあって・・・。小さくても完璧な世界を垣間見るのが、とても好きなのです。

P4300954.jpg


昔から、植物をうまく育てる人は「みどりのゆび」を持っていると言われていました。
これは、いつも植物をよく観察し、害虫(毛虫や羽虫など)がいたら指で潰していた為、指先が緑色に染まっていたことからきているそうです。

私が「みどりのゆび」を持てるようになるのは、まだまだ遠い未来のことだと思えますが(直接は・・・さすがにまだ無理)、葉っぱの下の小さな世界を思いながら、明日も土にまみれてこようと思います。


Erika
スポンサーサイト

放牧場、完成!

2014.07.19 15:12|ファームの様子
なぜか突然の大雨!!これが俗に言うスコールってやつかな?
せっかく草を食べてたのに、突然過ぎてずぶ濡れしちゃったよ・・・カロンだよ(ΘωΘ)

それはそうと、とうとう!待ちに待った、新しい放牧場が完成したよ!

P7190177.jpg

青草いっぱーい!!+.゚(*´∀`)b゚+.゚


こないだ鉄柱を立ててから、一日がかりでワイヤーを張って、

P7180162.jpg

ビワ畑で使っていたいらないネットを、半分から二つに解き、(草の根っこが絡み付いて地味に面倒くさい作業なのだ・・・)

P7190164.jpg

張ったワイヤーに針金で留めていって、(20cm間隔で上下とも留めるよ)

P7190163.jpg

完成!!

これで約4反分ほどの放牧地が出来たよ!(´∇`)広~い!

P7160142.jpg

これにはチビちゃん達も満足・・気・・・?!

P7160143.jpg

あ!おしっこしてただけなんだね、ごめんごめん(笑)

仲良しフランチャイズは、トイレのタイミングもいつも一緒!(●´艸`)ヾ


さてさて、もうすぐ雨も止むかな~?
カロンはまた青草を食べる旅に出てくるよ!またね!!


Karon

2頭あわせて・・・

2014.07.16 21:26|ファミリー紹介
P7160140.jpg

ようやくWindyにも夏らしい夏がやって来たよ!

またまたお久しぶり、カロンだよ(ΘωΘ)
最近までずっと霧が立ち込めていたせいで、じめじめする日が続いていたけど、やっと!カラッとお日様がやって来たんだ。
嬉しいけど、ちょっと暑すぎるよ・・・。

そうそう!Windyにまた新しい家族が増えたんだ!
カロンとキャンディちゃんの子供だよ!(●´艸`)

fran.jpg

フラン (Fran) トカラヤギ♀
2014年7月11日 生まれ
カロンとキャンディの間に生まれた双子ちゃん。ほぼ真っ黒な体と内股が特徴。
眠ることと、双子の片割れチャイのことが大好き。マイペースなのんびり屋さん。



chai.jpg

チャイ (Chai) トカラヤギ♀
2014年7月11日生まれ
双子ちゃんその2。ミルクティー色の毛並と翼のような耳が特徴。
フランよりも活発で好奇心旺盛だが、どこに行くにもフランと一緒がいいみたい。



可愛いでしょ?この子達、カロンの子なんだよ!(=´▽`)ゞ
ちなみにえりパカ達には、2頭あわせて“フランチャイズと呼ばれていたよ・・・。
確かにそうなんだけどさ・・・。



さて、そんなえりパカ達。
今日はヤギ小屋(畜舎)の作業じゃなくて、カロン達の為の新しい放牧場を作る準備をしていたよ!

P7160155.jpg

今カロン達がいる放牧地の隣・・・そこには、こんなに青々とした草が!!
早くここに移りたいよ!!!

P7160160.jpg

というわけで、こういう風に少しだけ草を刈って、等間隔で杭を立てて、
ぐるっと牧草地を囲んだら、またワイヤーとネットを張っていくみたい・・・。は~、気の長い作業だよね。

完成するその日を、カロンは桜の葉っぱを食べながら待ちたいと思うよ(ΘωΘ)


Karon


| 2014.07 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

えりパカ&カロン

Author:えりパカ&カロン
Eco Farm Windy代表にして唯一の従業員えりパカと、マスコットキャラであり、ヤギファミリーのビッグダディ・カロン。
人工哺育で育ったカロンは、大人になった今でもえりパカの姿を見つけると尻尾を振って寄ってくる・・・犬のようなヤギさんです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ