FC2ブログ

ハロウィンアイテムを作ろう!

2014.10.30 22:14|How to
PA300021.jpg

こんばんは。子供の頃からハロウィンが異常に好きなえりパカです。
将来は立派な魔女になりたいと思っています。(個人ブログ参照→http://eripaca.jugem.jp/?eid=16)

ハロウィン本番は明日ですが、Windyでは翌日11月1日にハロウィンパーティーを計画しています。

hallo.jpg

こんな招待状まで作って、やる気満々です・・・(^v^;)

そんなわけで本日は、パーティーに向けてのハロウィングッズを作っていました。
遊ぶ時も全力投球!!


まずは、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないかな?

ジャック・オ・ランタンを作ろう!!≫

ジャック・オ・ランタンとは、かぼちゃをくり抜いて作るランプのことです。
この日の為に、島の方から牛の飼料用のでっかいかぼちゃを頂いたのです!

PA300005.jpg

ジャーン!!どうですか?色もそれっぽくていい感じではないですか!

これを・・・

PA300006.jpg

まずは蓋になる頭の部分を切り込みを入れ、取り外します。
ご覧の通り、かなりの肉厚です。小さめの出刃包丁でかなり押し込みながら切り離しました。

PA300007.jpg

そして、丈夫で大きめのスプーンで、中身をひたすらくり抜いていきます。
種は水洗いして取っておいて、来年のハロウィンの為に後日植える予定です(´∇`)

PA300009.jpg

大きなスプーンが入りにくい所は、小さなティースプーンでガシガシ削っていきます。


これ、どれくらい削ればいいのかイマイチ分かりにくいと思うのですが、さほど力を入れなくても削れる部分はすべて削り取ります。

今回は飼料用のカボチャなので削り取った中身はヤギさんに与えますが、ふつうのカボチャを使う場合は、スープにしたり、パイにしたりするといいですよ!(^-^*)ノ

PA300011.jpg

あらかた削り取りました。
蓋になる部分も身は削っておきましょう。

PA300012.jpg

そしてこれに、水性クレヨンで顏を下書き・・・
この線に沿って、目や口をくり抜いていきます。

PA300013.jpg

ドヤッ!!

PA300026.jpg

かなり大きなカボチャなので、ティーライトキャンドルを3つ入れてみました。


PA300025_2.jpg

真っ暗にするとこんな感じ。なかなか雰囲気出てます♪



さて、続きましては超簡単

≪空き瓶でキャンドルホルダーを作ろう!≫

PA300031.jpg

用意するのは、ジャムなどの空き瓶と黒のマスキングテープ、はさみだけ。

PA300032.jpg

写真からお分かりのように、空き瓶にマスキングテープをペタペタ貼って、それっぽい模様を描いていくだけです。
右側の蝙蝠(もどき)なんか、幾つもの三角を組み合わせただけ。

PA300034.jpg


ろうそくの明かりはいいですね、やっぱり(´∇`)
当日はこういうのをいっぱい吊るす予定です。

当日のパーティーの様子もばっちり写真に撮って、ここで報告したいと思いますので、お楽しみ(?)に~♪


Eripaca
スポンサーサイト



ヤギ小屋を作ろう!

2014.10.05 06:53|How to
PA040036.jpg

台風18号襲来直前の10月4日!とうとうヤギ放牧場のヤギ小屋(仮)が完成しました!

着工からきっちり2週間。作業が出来ない日もあったけれど、たった二人で出来るものなんですね~。
それもこれも、大体の設計から足りない部品の発注、そしてえりパカが違う作業に行っている間も一人で黙々と作業を進めてくれたクニさんのおかげです。

それでは、完成までの工程を写真を交えながらざっと振り返ってみます。

※あくまでも素人大工(クニさん)とずぶの素人(えりパカ)によるものです。建築技術的に間違っていることもあると思いますので、『素人でもこれくらい建てられるんだな~』ぐらいの気持ちで読んで下さると有難いです。


まず今回のヤギ小屋(仮)を建てる上でのポイント

・ヤギの頭数、私の掃除のし易さの観点から、広さ・高さを十分にとる。→ 幅2m×長さ8m×高さ2mに設計。
・ヤギは高温多湿を嫌う為、風通しを良くする。→ 風の通り道にドアを二つ設置、放牧場側に大きめの窓、すのこ状床。
・排泄物を溜めない→ 地面から30cm高くしたすのこ状床で、便が下に落ちるように+山川の壁に向かって傾斜。
・なるべく材料費をかけず、リサイクル!→ 古い家を解体した際の材木や扉・窓、剥がしたトタン、自山の杉を使用。



今回は地面に直接穴を掘って、柱を埋め立てて造る“掘立形式”です。
よく“掘立小屋”と聞きますが、建て方がそのまま名前の由来になってたんですね。

P9270233.jpg

建築予定地の草を刈って整地し、杭と糸で柱の場所を大体決めたら、このごついドリルを使って地面に穴を開けていきます。今回は計10本の柱を立てます。

DSC_0422.jpg

昔の電柱に使われていた丸太を使用。地面に突き刺す部分は尖らせてある杭状で、約1mほど土に埋めます。

床を支える骨組みの土台となるのは、家の山から切り出して置いておいた、杉の丸太。

DSC_0423.jpg

杉は切り倒してすぐ使える訳ではないので、約1年ほど置いて水分を抜き、虫や腐食などが入らないよう皮を剥いて使います。
パリパリと気持ちよくすぐに剥がれるものもあれば、鎌を使って削り取らなければいけないような、頑固なやつも。(ΘωΘ)


DSC_0421.jpg

屋根を支える角材と柱は、羽子板と呼ばれる部品とボルトで結合。補強として“かすがい”も打ち込みます。
(かすがいとは、言うなればでっかいホッチキスの芯みたいなもの。“子はかすがい”という言葉の意味がよく分かりました)

屋根の骨組みは、桟木と垂木で。
結合部分はぴったりと嵌るように、ノミで欠いておきます。

P9250230.jpg

寄せ集めの材木で作っているので、長さが足りない時は接いで使用。その都度補強もしっかり。

P9270232.jpg

床の骨組みもこんな風に、短い木を継ぎ接ぎで使用・・(苦笑) 下の丸太もまっすぐじゃないので、かなりデコボコに(;´д`)

P9270234.jpg

薄い板と板の間に細長い木材を挟んで、等間隔にしながら床を打ち付けていきます。
クニさんが屋根のタキロンを打ち付けている間、私はせっせと、このすのこ床を作成。

P9290256.jpg

カロンも興味深げにその辺をウロウロ。

P9290254.jpg

屋根と床が張り終わったら、次は壁の骨組み。
今回は壁に古トタンとタキロンを使うので、その幅や長さに合わせて、接ぎ目に木材がくるように組んでいきます。

P9290255.jpg

P9290258.jpg

まずは放牧場側の壁を打ち付け。トタンとトタンの間に明り取りのタキロンも打ち付け・・・真ん中には窓を取り付ける予定なので、空けておきます。

P9290259.jpg

個人的には、このトタンを打つ作業が一番辛かった・・・固くてなかなか入っていかない上に、傘釘がすぐ曲がってイライラ!(ノД`゚)゚。

P9290260.jpg

外側から見るとこんな感じ。
夕日に照らされるクニさんと、見守るキャンディ(笑)

P9290261.jpg

キャンディ:(何作ってるのかしら?大丈夫かしら・・・?)

PA020003.jpg

壁を張りつつ、ドアも取り付け。

PA020004.jpg

だいぶお疲れの様子のクニさん。島バナナで栄養補給しつつの作業でした。

PA030010.jpg

そして窓を取り付け。
ここまでくると、完成は目前!あとはあいている部分にトタンを張っていきます。

PA030011.jpg

すのこ床の隙間が仔ヤギには大きかったみたいなので、干し草を敷くことに。
床下からの風も緩和できるし、汚れたら干し草ごとコンポストの材料になるので、結果的に良し!+.゚(*´∀`)b゚+.゚

PA030028.jpg

壁の隙間を埋めていくクニさん

PA030031.jpg

と、遊んでもらいたいカロン(笑)


PA040038.jpg

全面に干し草を敷いて、ついに完成~!!!

PA040039.jpg

窓からは、放牧場と御岳を一望。どうです?このロケーション!(笑)

PA040040.jpg

中には鉱塩置き場も作りました。

PA040037.jpg

そして、扉の内側にチョークでお絵かき。
ゆくゆくは黒板スプレーで塗装しようかと目論んでいます。

DSC_0432.jpg

ヤギは地面に落ちてしまった餌は食べない習性を持つ為、おやつを吊るしてみました。
広さがあるので、みんな入っても大丈夫!


なんとかギリギリ台風に間に合ってよかった~!!
本当に、頑張ってくれたクニさんには大感謝です。私も今回で、大体の作り方やコツを学んだので、次からはもうちょっと役に立てるかな?

そう、ヤギ小屋(仮)というように、これが本番ではないのです。(仮と言うには立派過ぎるものが出来上がったけど)
次は搾乳室付きの本畜舎建築が待っています!

既に柱だけはだいぶ前に立てて放置してるあれです(苦笑)

その時はまた、今回とは違った建築ポイントをお伝えしたいと思います~(^-^*)ノ


P9290263.jpg


Eripaca

秋の到来はビーバーの音と共に

2014.09.02 23:05|How to
DSC_0322.jpg

・・・なんてタイトルを付けつつ、思いっきり夏の写真を貼り付ける女、それがえりパカです。

こんばんわ。植えるのがだいぶ遅かった向日葵、9月になってようやく花開いてきました!同じく植えるのがだいぶ遅かったトウモロコシや枝豆も順調に成長中・・・Windyは今、まさに夏です(笑)


さて、今回のブログのカテゴリは「How to」になっていますが、何のハウツーなのかと言いますと、草刈り機。通称ビーバーです。

ええ、分かっています。日本全国にビーバーのハウツーを知りたがる人がそんなにいないことくらい。たぶん、使う人は普通に知っているであろうし、使わない人はきっとこの先も使わない・・・でも書きます。自分の忘備録の為に。

まあ、もしかして農家に嫁入りした際、『庭の草刈りくらい自分でやってくれよ』などという夫の鼻を明かしてやることが出来るかもしれません。

P5170003.jpg

はい、これが草刈り機。通称ビーバーです。
エンジン部分を背負って作業します。結構重たいです。

長い柄の所にあるスイッチを入れた後、オイルポット(?)横のロープを引っ張ってエンジンをかけます。(えりパカはこのスイッチを入れずに何度もロープを引っ張っては、エンジンがかからず断念という愚行を何度か繰り返しました)

この時、エンジン部分横に付いている、赤いレバーを下げておきます。
これが上がっていると、なかなかエンジンがかからず、うがーっと投げ出したくなります。(なりました)

P5170004.jpg

通常皆さんの知っている(知っている?)ビーバーの刃は金属のものだと思いますが、えりパカは怖いので、このナイロンコード(先っぽからひょろんと出ているやつ)を使っています。
黒い部分がパカッと外れて中に巻きつけるようになっています。使っていると徐々に短くなってくるので、その都度引き出して使いましょう。



真面目にハウツー書きました。だって久々に使ったら、使い方をすっかり忘れていて、自分が苦戦したんだもの・・・orz


P9010082.jpg

この草ボーボーのお庭を・・・

P9010084.jpg

半分刈るだけでも結構体力使います。
ビーバーは、思っていたより全身運動(?)
反動がけっこうすごいので、使い終わった後は左手がプルプル震えて、コップが持てないほど。(何度か水をこぼしました)

P9020116.jpg

そして本日、ようやくこのお庭部分は全て終了。まあ、まだ刈る所が山のようにあるんですが・・・。

この刈った草はしばらく放置して天日で干し、畑の草マルチとして使ったり、冬にボカシ肥を作るための材料にしたりします。何一つ無駄にならない!


そうそう、このお庭は通常通りの地際刈り(地面すれすれで草を刈ること)をしましたが、他の場所では大体10cm~15cmほど高さを残して刈る、高刈りをしています。

というのも、どうも草の生長点は違うらしく、イネ科植物の生長点は株元に、それ以外の植物は通常先っぽにあるそうです。

なので、地際刈りをするとイネ科植物の生長点は傷付かない為、結果的にイネ科植物ばかりが生えてくるという事になります。
グランドカバーとして草を残したい場合は、高刈りをしてあげると、地這性の植物などが生き残って、うまいことイネ科を抑えてくれるようになるというわけです。


私は基本的には雑草も好きなので、出来る限り色んな種類の植物が見られる庭にしたいと考えています。その方が、イマジネーションが働いて、楽しい。


どこにも需要がないような記事になりましたが(笑)、書いてる本人はわりと楽しんでました。増えろ、農業人口!

最後に、本日のベビーちゃんの様子でも。
DSC_0332.jpg

大人しくて、私が近づいても逃げません。
まだまだこの世界に慣れなくて、ぼんやり夢見心地のようす。

は~、子どもは本当に宝ですね~(*´▽`*)


Eripaca

女一人でも作れる!コンポスト枠の作り方!

2014.05.23 21:52|How to
好きな葉っぱは桑とトベラです!こんばんわ、カロンだよ!

karon2

えりパカが勉強の為にしばらく島を離れちゃったけど、カロン達ヤギファミリーはみんな変わらず元気だよ!

今回は、島に引っ越してきたえりパカが一番最初に作ったエコ道具(?)、コンポスト枠の作り方を紹介するよ~。
三十路女一人でも何とか作れたから、わりと簡単なんじゃないかな?(感想には個人差があります)

まず、「コンポストとは何ぞや?」という人の為に、簡単に説明すると・・・言い換えれば「堆肥」だね。
細かく言うと、その定義も国や時代によって様々なんだけど、かなり大雑把に言うなら、『微生物の力によって有機物を完全に分解させて、肥料化したもの』
ご家庭では『生ごみコンポスト』とかが一般的かな?

コンポストを作る時に大事なのは、完全に熟成させること。その為には、水分調節がかなり重要になってくるよ。
よくある失敗として、水分が多すぎて腐らせてしまうことがあるけれど、これは、材料になるものが見た目以上に水分を多く含んでいるからなんだ。

だから、コンポスト枠を作る上で、通気性をよくすることと、雨をしっかり防ぐことは大事だよ!
今回は枠の作り方だけの紹介だけど、今後ちゃんと中身のコンポストの作り方も紹介していくね~。


*まず、底の部分を作るよ!

P5190017.jpg

長さを揃えた角材を二本ずつ用意。
えりパカは結構大きめのものを作る予定で、1mの物と1m20cmの物を準備したけど、どれくらいの大きさのものを作るかによって調整してね。特に家庭菜園とかベランダ菜園などで使いたい場合は、もっと小さくていいと思うよ!



*4本の角材を釘で連結!

P5190018.jpg

インパクトドライバーでやると楽だよ!
これで外枠が出来たね。



*底網を張るよ!

P5190019.jpg


P5190020.jpg

えりパカは亀甲金網を使用。しかも、経費をケチる節約する為、いらないから使っていいよーという、使用済みのものをもらって、所々を針金で修復して使用してたよ・・・これもエコ?

P5190021.jpg

こんな風に、コの字型の釘で網を木枠に留めていくよ!コの字型の方がU字型より留めやすくておすすめ!
網の目はもう少し細かくてもいいと思うよ!



*支柱を立てるよ!

P5190024.jpg

コンポストを置く場所を決めたら、周りを囲むための支柱を立てるよ。
置き場所は、日当たりのいい場所。せめて半日陰くらいの日照はあった方が、成熟が早く進むよ。
家の外に作る場合は、家からあまり遠くに離さず、水場の近くがおすすめ。

支柱だけど、えりパカは少し穴掘った後、普通にハンマーで叩きまくって埋めてたよ。



*壁板を設置!

P5190027.jpg

今回はベニヤ板で三辺を覆うよ。
支柱に釘で留めていってね。

P5190029.jpg

正面から見たらこんな感じ~。8割方完成。

あとはこれに屋根を付ける予定なんだけど、何とここでタイムアップ!(・ω・`=)
作業の続きは、えりパカが島に帰って来てからになるよ・・・。

そんなわけで、How to 次回は、ちゃんと完成した写真と、いよいよ中身のコンポストの作り方を紹介するね!
お楽しみ(?)に!!(ΘωΘ)



| 2019.10 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

えりパカ&カロン

Author:えりパカ&カロン
Eco Farm Windy代表にして唯一の従業員えりパカと、マスコットキャラであり、ヤギファミリーのビッグダディ・カロン。
人工哺育で育ったカロンは、大人になった今でもえりパカの姿を見つけると尻尾を振って寄ってくる・・・犬のようなヤギさんです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ