FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“みつばち千年の森シンポジウム”に参加してきました!(後篇)

2015.03.27 22:33|イベント
DSCF8374_2.jpg
( photo by ginzabee )

さてさて、シンポジウムレポート後篇でございます。
この、シンポジウム後の集合写真↑に映る一人一人の顏を見れば、それがいかに充実したものだったかお分かりでしょう。


P3220114.jpg

前日の女子会の楽しさを引きずりつつ(笑)、朝5時に起床して温泉へ行った後、“これぞ旅館の朝ご飯!”というような朝食を頂き、いざシンポジウム会場へ!!


P3220116.jpg

まずは、玉川大名誉教授、ミツバチ研究のスペシャリスト佐々木正己先生による、
『自然植生を生かした選抜淘汰による蜜源樹の森作り』

様々な蜜源植物の話の中で印象的だったのは、世界から見た日本の蜜源の豊かさでした。
こんなに小さな島国の中に約700種以上もの蜜源植物があるということ。その為、同じ種類の花でも、他国では蜜源となるのに、日本では蜜源にはならない植物があるということ。(わざわざその花から採蜜せずとも他に栄養価に優れた花が沢山ある為と考えられているそうです)


P3220118.jpg

次に、東京大学教授の鷲谷いずみ先生による
『生物多様性とニホンミツバチの役割』

私、この“生物多様性”という言葉が大好きで(何故かについては、次回のブログにて書かせて頂きます)、今回お話し下さった鷲谷先生は、まさに生物多様性の第一人者!!実はものすごくワクワクしていました(=´▽`)ゞ

“自然と共生するための生態学”というワードから、私が日々土に触れ、数多の命に触れながら考えている様々なことが思い出されるようでした。さらに、今後の養蜂についての重要なヒントも沢山頂きました。


P3220121.jpg

そして最後は、学習院女子大学教授の品川明先生による
『おいしいハチミツの味わい方』

もうタイトル聞いただけで楽しそうじゃないですか!(笑)
品川先生のお話し下さった『味わい教育』はとてもストンと胸に落ちるもので、“知識を伝えるのではなく、知識を引き出す”というお言葉に、目の覚める思いでした。

実は大学では教育学部に進んだ私・・・先生になる道は選ばなかったのだけれど、農業や自然や食べることから、生きることを伝えたいという思いは今もずっとあり、これまたドンピシャ!!な、内容だったのでした。


DSCF8359_2.jpg

先生方の講義の後は、質疑応答タイム。
ここでも活発に様々な意見が飛び交い、聞いているだけで勉強になる、なる!

そしてその後、お昼休憩を挟んで、はちみつワークショップへ。

DSCF8382_2.jpg
( photo by ginzabee )

引き続き品川先生を講師に、はちみつのテイスティングから、匂い、味以外にもイメージ・感じたことなどを自由に言い合っていく。
人によって表現は様々。好みの味や香りも様々。そのひとつひとつを聞いていくのも、とても楽しい時間でした。

ちなみに、左から順に、西洋ミツバチの採蜜したもの、日本ミツバチの巣蜜、日本ミツバチの採蜜したもの。となるのですが、テイスティング前は何となく、一番左の西洋ミツバチの蜂蜜が自分の好みっぽいな、と思っていたのに、実際に味わってみると、真ん中の巣蜜が一番好みでした。

テイスティングで私の感じた香りや味わい、イメージは、

西洋ミツバチ:艶のあるクリアイエローで、粘性は弱い。レモンのような爽やかさ、風を感じる。白い花のようなイメージ。フレッシュな甘み。

巣蜜:うすいべっこう色で、粘性は弱く、香りが強い。草原や草塚のような土と草のイメージ。酸味が強く、ハーブのタイムを思わせる味わい。

日本ミツバチ:ダージリンティーのような色で、粘性は強く長く糸を引く。キャラメルのような、黒糖のような濃厚な香りと甘み。蘭やクローブなどのスパイスを思い起こさせる、オリエンタルで南のイメージ。

こうして思いついたことをどんどん書いていくと、自分でも気づいていなかったことに突然、そうか!と腑に落ちる瞬間があって面白かったです。

DSCF8373.jpg
( photo by ginzabee )

この写真↑は、集合写真を撮影時のミスショットなのですが、皆さんの自然な笑顔が見えて、好きな写真です。

今回、本当に素敵で貴重な学びの機会を頂けたことに、とてもとても感謝しています。
大げさでなく、自分の核になる部分に触れた、シンポジウムだったと思います。

改めて、主催して下さった実行委員会の皆様、日本在来種みつばち協会の皆様、協賛して下さった福蜜養蜂場の素敵なファミリーの皆様、貴重な講義をして下さった先生方、そして一緒に参加し沢山の意見交換と笑顔を下さった皆様に、心からありがとうございました。

第二回目の開催を心待ちにしながら、養蜂にも励んでいきたいと思います!!
スポンサーサイト

“みつばち千年の森シンポジウム”に参加してきました!(前篇)

2015.03.25 23:44|イベント
DSCF8205_2
(photo by ginzabee)

先週末、宮崎県のえびの市で行われた“みつばち千年の森シンポジウム”に参加してきました!!
上の写真は、一日目(3/21)に行われた植樹大会での集合写真です。

今回、ちょうどいい具合にフェリーのスケジュールが組まれていた為、金曜日に鹿児島へ上りホテル泊→鹿児島空港へ移動→養蜂用の白いつなぎに着替え、集合した参加者さん達とバスで宮崎へ→福蜜養蜂場さんにて植樹大会→宿泊先旅館にて交流会→シンポジウム・セミナー会場へ移動→セミナー、はちみつワークショップ受講→バスで再び鹿児島空港へ→解散後、鹿児島で1泊→月曜日の夜に島へ戻るフェリーに・・・
という、何ともスムーズなスケジュールで行くことが出来ました(●´艸`)

P3210051_2.jpg

植樹会場となる場所は、予想以上にがっつり“山”でした!
整然とした杉の森を抜けていくと・・・

P3210054_2.jpg

にわかに視界が開け、奥の方には伐採された山肌が・・・。


P3210057_2.jpg

山裾の上り口には、沢山の巣箱が置いてありました。

P3210061_2.jpg

働き者のミツバチさん達が忙しなく行き来しています。


P3210067_2.jpg

今回植樹するのは、約200本のクロガネモチの木。
植える前の苗木を水につけて用意して下さっていました。

P3210072.jpg

まずは一度お手本・・・穴を掘って、

P3210073.jpg

苗木を穴に入れ、

P3210075.jpg

土を被せて埋めたら落ち葉などで土を覆って、表土が乾かないようにしてあげます。


P3210077.jpg

けっこうな斜面ですが、皆さん一生懸命植えてらっしゃいました。
もちろん私も張り切って植えましたよ~!

DSCF8207_2.jpg
( photo by ginzabee )

植樹が終わった後は、一度集まって自然教室・・・私どこ向いてんの?(苦笑)

DSCF8213_2.jpg
( photo by ginzabee )

でかい記念樹も植えてました。
そしてこの写真が使われた記事が、宮崎日日新聞さんに載ったみたいです。


P3210088.jpg

自然教室にてミツバチの生態について教えてくれる、養蜂界のプリンセス。
本当にめちゃくちゃ詳しいです。

P3210090.jpg

ネコヤナギのポワポワをよく見ると、根元の方に花粉がびっしり付いているのが分かります。意外な蜜源。

P3210094.jpg

そして、ミツバチ研究の専門家。玉川大名誉教授で農学博士の佐々木先生の自然教室も!
両手に沢山の蜜源植物を持って、ひとつひとつ解説して下さいました。

DSCF8254_2.jpg
( photo by ginzabee )

中之島にも沢山ある、ヤブツバキや椎類、ユズリハ、ヒサカキなどの樹木が日本ミツバチの蜜源になることが分かりびっくり!あまり花のイメージはなかったけれど、日本ミツバチは“森のミツバチ”と呼ばれ、森の木々から蜜をとることが多いそうです。


P3210101_2.jpg
( photo by ginzabee )

山を下りる前に、私も記念樹と一緒に撮ってもらいました(´∇`)

P3210098.jpg

遠くには連なる山々。とても気持ちのいい展望の場所でした。

P3210105.jpg

そして植樹のお土産が、西洋ミツバチ(左)と日本ミツバチ(右)それぞれの蜂蜜!!豪華です!!!

DSCF8269.jpg
( photo by ginzabee )


夜の交流会では、えびの市の市長さんも来て下さり、色々な方と情報交換やお喋りに花が咲きました。
一次会だけでは飽き足らず、その後の二次会、そして部屋に戻ってからの三次会(女子会)と、とにかく喋りまくったこの夜・・・せっかくの温泉も翌朝に回して、夜更けまでずっと楽しく過ごさせて頂きました(●´艸`)

二日目のセミナー及びワークショップについては、後篇で!!

春の足音

2015.03.09 22:49|ファームの様子
P3070019.jpg

ブログを書くたびに“お久しぶり”になってしまい、すみません!
普段はFacebookの方で情報更新をしているもので、どうしてもそちらで済ませがちになってしまいます(^_^;)イカンイカン。

さて、早いものでもう3月です。
Windyにも少しずつ春の訪れが見えるようになってきました。
P3070031.jpg

花と葉が同時に出てくる山桜は、あっという間に満開を迎え、

P3070035.jpg

今年の1月に福岡から引っこ抜いて持って来たバラ達も、無事に活着してくれたようで新芽をいっぱい出し始めました。

P3070026.jpg

私の好きな大根の花もあちこちで咲いています。


P3070040.jpg

マナ農園の花壇で一番最初に咲いたのは、アイリス。

P3070047.jpg

クロッカスもベルベットのような花びらを開きました。


P3020199.jpg

そして島のあちこちに野生の木苺の花が!!!
小さい頃から、この木苺を摘んで歩くのが大好きでした。実がなるのが待ち遠しい!


さてさて、今回は少しWindyの農業スタイル(?)について書いていきます。

よくFacebookの記事でも「今日は“葉”の日なので・・・」とか、「本日は耕作NGの日だったので・・・」などと書いていますが、何のこっちゃ?と思われた方も多いかもしれません(^_^;)すみません。

これはバイオダイナミック農法というものを元にして作った種まきカレンダーに準じたスケジュールを立てている為です。

バイオダイナミック農法を全てきちんと説明しようと思うと、このブログの限界文字数を突破してしまいそうなので(笑)、今回は栽培作物を“根”・“葉”・“花”・“実”の4種類に分類して行う作業について。

元々植物は月・太陽などの天体や、宇宙の動きに影響を受けながら成長すると考えられています。
そこで、一日一日の星や月の動きから、その日に何の種類の作物の作業をすると最も効率が良く、成長を促進するのかを1時間毎に分類し、それに沿って農業を行っていくのです。

何となくお分かりかと思いますが、
P2110020.jpg

“根”は主に根を使用する野菜(大根、ニンジン、カブ、ゴボウ、イモ類など)、

DSC_0387.jpg

“葉”は葉の部分を食べる野菜やハーブ、

P4300921.jpg

“花”はそのまま花類全般を、

P1310536.jpg

“実”は実を食す野菜(トマト、ナス、カボチャ、トウモロコシ、豆類など)や果物を

それぞれ当てはめて分類します。

特に、種まきや定植、収穫などをそれぞれに適した時間帯に行う事で効果があるとされています。
実際にはまあ、天候にだいぶ左右されてしまうので、スケジュール通りにいかないことも多いのですが・・・(´ω`;)


P1150333.jpg

それでも、星の動きや宇宙の力を感じながらの農作業は、なかなかに豊かな気持ちになっていいですよ(^-^*)
上の写真は、今年1月に撮ったマナ農園の円形ガーデン部分です。
ここもこの1年で少しずつ進歩して、ようやくここまで整いました。
次回はマナ農園のこれまでの成長も振り返ってみようかな、と思います(`・ω・´)

明けましてだいぶ経ってしまったよ・・・

2015.01.16 23:25|ファミリー紹介
年が明けてもう半分が過ぎてしまっただなんて信じたくないよ!
お久しぶり過ぎてアンニュイにもなってしまう、カロンだよ!

P1160392.jpg

ほんとに・・・ブログサボるにも程があるよ・・・


そんなこんなな間に、カロン達ヤギファミリーには色んな変化があったんだよ!
去年の12月、えりパカが出張で留守にしている間に、カロンとキャンディちゃんの双子の子、フランとチャイが亡くなってしまったんだ・・・

PB150142.jpg

えりパカはショックで一時期とっても落ち込んでいたけど、カロンもすごく悲しかったよ。

でも、新しくファミリーに加わったり、生まれた命もあるんだ!
今回は、そんなファミリーの新しいメンバーを紹介していくね。


P1160341.jpg

サツキ (Satsuki) トカラヤギ♀
2014年10月末 生まれ(推定)
島の人が山で捕獲して、流れ流れてWindyのファミリーに加わることになった女の子。
来た当初は本当にまだ小さかったから、人工哺育で育てることに。結果、ものすごく人懐こい子になった。
名前の由来は、メーメー鳴くことから、メイ(May)→5月→サツキに。(名付け親:佳織)



このサツキは、去年の11月からカロン達ヤギファミリーの一員になったよ!
小さくて、丸々ふわふわとしてるから、何だかあんまりヤギっぽく見えないんだよね・・・(ΘωΘ)


P1080213.jpg

水仙 (Suisen) トカラヤギ♀
2014年12月31日 生まれ
カロンとパンダの間に生まれた双子の片割れ。白くてふわふわの毛並が特徴。
小型犬みたいに走り回り、元気いっぱいの女の子!
名前の由来は義理のお兄さん市松にちなんで、漢字の植物を入れたかった(byえりパカ)



P1080215.jpg

斑 (Madara) トカラヤギ♀
2014年12月31日 生まれ
カロンとパンダの間に生まれた双子の片割れ。パンダ模様と後ろ足の茶色い毛が特徴。
水仙よりもちょっと臆病だけど、ジャンプが得意な女の子。
名前の斑の意味は、雪の濃淡を表す。(名付け親:えりパカ弟)



この双子ちゃん達はパンダさんの子で、斑なんかは義兄さんの市松そっくり!!
白黒の子が増えると、カロンは嬉しいな~(ΘωΘ)


P1160365.jpg

ミルフィー (Millefee) トカラヤギ♀
2015年1月4日 生まれ
ショコラの初めての子供。白・黒・茶色の見事なぶち模様が特徴。
性格は甘えん坊で泣き虫。お母さん大好き。
名前の由来は、お菓子のミルフィーユから。



P1160359.jpg

月詠 (Tsukuyomi) トカラヤギ♀
2015年1月14日 生まれ
クシナダさんの子。お母さんそっくりの白地に黒のたてがみが特徴。
性格はおっとりだけど、最初から人間をあまり怖がらず寄って来る。
名前の由来は、もちろん日本神話から。



P1060199.jpg

P1160351.jpg

ちびちゃん達は、みんなわりと仲が良くて、元気いっぱい!!!

本当はクシナダさんの子は2頭だったし、12月31日にユキも2頭の子ヤギを産んだんだ。
でもクシナダさんの双子ちゃんの片割れと、ユキの子2頭はみんな生まれて間もなく、亡くなってしまったんだよ・・・。
この1ヶ月で、ほんとうに沢山の生と死を目の当たりにしたね。
カロンは、それが自然なことだと分かっているけれど、人間であるえりパカにとっては、ひとつひとつを乗り越えるのに、とても時間がかかるみたいだよ。人間ってたいへんだね。


それでも今のカロン達ファミリーは、ちびころがいっぱいで、とっても賑やか!
カロンも時々ミルクのおこぼれをもらえて、ご機嫌だよ!!(ΘωΘ)
今後はこの14頭のメンバーを覚えて、可愛がって欲しいな!

P1160384.jpg


Karon

Windy初の農業ボランティア滞在のあゆみ・前篇

2014.11.27 23:37|ファームの様子
ハロウィンパーティーの準備からブログの時が止まってしまっていましたΣ(´ω`)すみません!
今回は、ちょうどハロウィンパーティーの日、11月1日から約3週間Windyに農業ボランティアとして滞在してくれた佳織の活躍を写真と共に振り返りたいと思います!

農業ボランティアってどんなことをするんだろう?と興味がおありの方は是非参考にして下さいね。(農業じゃない事も沢山やってますが・・笑)

PA310038.jpg

まずはハロウィンパーティーの日!(いきなり農業じゃないイベントが)
愛猫ティーちゃんも赤ずきんちゃん風の仮装。(完全に私の独りよがりでしたが・・・ww)

PB010069.jpg

佳織には私の用意したシスターとバニーの二択から選んでもらい、顏にもしっかりハロウィンメイクを!

PB010045.jpg

パッと見て、何て多国籍なのでしょう(笑)

PB010061.jpg

ハマり過ぎてて怖いくらい・・・

PB010046.jpg

子ども達はそれぞれラフで可愛い仮装でした(●´艸`)ヾ

1457482_330393763809558_2661632894192574923_n.jpg

ちなみに仮装コンテスト優勝は、この写真左側、デスマスク少年。

PA310040.jpg

少年にはささやかな賞品として、えりパカ手作りチョコレートロールケーキ・ハロウィンバージョンを贈呈しました!
中にはバニラ・カスタードクリームとチョコチップ、島バナナが入ってます(^-^*)ノ

後日、ものすごく美味しいと食べてくれていたと聞き、とっても嬉しかったです。
また、参加して下さった近所の方々も、普段あまりお互いゆっくり話したり出来ないこともあり、羽を伸ばして下さったみたいで、やってよかったなぁとしみじみ思いました。


翌日は日曜日のため、ボランティア農作業はお休みに。
ヤギさんのおやつにする木の葉を採りに行ったりするくらいで、まったり過ごしてもらいました。

そして、いきなりの登山!!!(笑)

しかし残念なことに、ここでえりパカのスマホカメラがぶっ壊れ、写真が一つも残ってないという・・(ノД`゚)゚。


翌日からはようやく農作業へ。

PB040101.jpg

マナ農園の除草作業をしたり、

PB050111.jpg

海岸へ石と流木を拾いに行ったり・・・

PB050151.jpg


PB050135.jpg


PB050141.jpg


荒れ狂う海を見て、異様にテンション上げたり(笑)



PB230018.jpg

それらの成果がこのように・・・。
特に石拾いは一人では運ぶのが重たくてなかなか大変なので、地味だけど、人手があると本当に助かる作業の一つです。


また、クニさんのバナナ園にて、収穫作業以外にも

PB060158.jpg

枯れた葉っぱを切り落とす剪定作業をしてもらったり

PB060153.jpg

PB060154.jpg

PB060155.jpg

かと思えば、鎌持ったままはしゃいでみたり(笑)

何ともフリーダムに、のびのびと。
おかげで私も笑いながら仕事が出来ました(●´艸`)ヾ


島の小・中学校で行われた文化祭にも、出張マルシェとして参加しました!

PB080001.jpg

商品準備中・・・

PB080004.jpg

すべてかなりのお買い得価格です。

PB080031.jpg

おかげさまで大盛況。
えりパカ作のクッキーとパウンドケーキも無事完売しました(*´Å`*)=3



<<番外編?>>

PB090051.jpg

島で唯一!カラオケ設備のある民宿にて、島の皆さんと交流も。

PB090056.jpg

我々も2曲ずつほど歌いましたよ~。
緊張しました・・・(苦笑)


とりあえず、このくらいで前篇終了~。
後篇の後に、色々まとめて所感も書いていきたいと思います。

それにしても、あんまり農作業中の写真がない!(笑)


Eripaca
| 2018.12 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

えりパカ&カロン

Author:えりパカ&カロン
Eco Farm Windy代表にして唯一の従業員えりパカと、マスコットキャラであり、ヤギファミリーのビッグダディ・カロン。
人工哺育で育ったカロンは、大人になった今でもえりパカの姿を見つけると尻尾を振って寄ってくる・・・犬のようなヤギさんです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。